今年度の県公運協フォトコンテストで、公民館次長の小山さんの作品が最優秀賞に輝きました。おめでとうございます!
例年、長野県公民館大会で表彰を行いますが、今年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、大会が紙上及びオンラインとなったため表彰式ができず申し訳ありません。(なお、小山さんは10月1日よりご異動だそうです。)
最優秀作品は、社会教育実践集第39集及び第68回長野県公民館大会記録集(今年度発行予定)の表紙に掲載させていただきます。

今年度は例年のような公民館活動が出来ない状況ですが、真田中央公民館では子育て世代を対象にした講座が再開されているそうです。
小学生を対象にした活動も多く、人材育成に力を入れていて平成17年から行っている通学合宿には、明治大学の学生も関わっているそうです。夏休みのわくわく体験講座も募集人員を上回る応募者だそうです。(詳しくは実践集に掲載されています。)
また、平成3年から福岡県岡垣町とのホームステイ交流を行っており、岡垣町の子ども達が菅平で雪に親しんでいるそうです。